もつ鍋で栄養を美味しく摂ろう

豊富な栄養素が含まれているもつ

美容にもダイエットにも効果があると、数年前から人気をあげているもつ鍋。特に冬の時期には鍋物の定番のひとつとして多くの人に親しまれています。今回はもつ鍋の栄養素や効果についてご紹介します。もつ鍋が人気の理由はまず栄養成分にあります。もつにはダイエットをするためには必須となるアミノ酸や、美肌のもとにもなるコラーゲンがたっぷりと含まれており、具財の野菜や豆腐などにも豊富な栄養素を含まれています。まず、もつにはミネラル、必須アミノ酸、コラーゲンが豊富に含まれています。アミノ酸やビタミン、ミネラルを同時に体に取り入れることで、コラーゲンが体に吸収しやすくなるので、とても効果的な食材であるといえます。もつといえばカロリーが気になるという人も多いかと思いますが、もつのカロリーは100グラムあたり287キロカロリーと以外と少ないのです。もつ鍋にすることで、もつに含まれる油分はスープになってしまうので、さらに摂取カロリーを減らすことができます。

栄養素が高いもつ鍋の具財

もつ鍋に入れる定番野菜にも栄養素が豊富に含まれています。キャベツは、キャベジンと呼ばれるキャベツにしか含まれていないビタミンUをはじめとし、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。また、食物繊維も豊富に含まれているのが特徴です。もつ鍋にして加熱することで、キャベツのかさが減るため、かなりの量でも食べることができます。次にニラです。ニラにはカロチンやビタミン、食物繊維が豊富に含まれています。カリウムが含まれている食材は

少ないので、鍋にすることで多めに摂取することができます。また、豆腐は健康食品としても知られ、植物性の脂肪とタンパク質が豊富です。カロリーも少ないのでダイエットをする人にもおすすめの食材です。このように栄養豊富な食材が集まるだけではなく、もつはよく咀嚼して食べる食材なので、噛む行為によって脳細胞を活性化させたり、胃腸の働きを良くしたりすることができます。