家庭でもつ鍋を美味しく味わうコツ

初デートはもつ鍋がおすすめ!

家庭料理でも人気のもつ鍋

冬になると恋しくなる鍋料理。鍋料理にもさまざまな種類がありますが、その中でもダイエット効果や美肌効果があるとして、数年前から人気を集めているのがもつ鍋です。ぷりぷりと噛みごたえのあるもつに、もつの脂が染み出たスープで煮込まれた野菜がとても人気です。最近ではもつ鍋用のスープがスーパーでも販売されていたり、人気店ではお取り寄せができたりと、自宅でもおいしい鍋を楽しめるようになりました。もつ鍋に欠かせない食材といえば、もつの他に、キャベツ、ニラ、にんにく、鷹の爪(唐辛子の品種)などが挙げられます。その他にも玉ねぎ、えのき、もやし、豆腐などを入れる場合もあります。そして、最後の〆としてちゃんぽん麺や雑炊を楽しむのが主流です。自宅で作るとお店で食べる時のようにうまくいかないと悩む人もいるかもしれませんが、実は美味しいもつ鍋を作るためには、野菜を入れる順番が大切なのです。

美味しいもつ鍋を作るための野菜の順番について

お店で食べる鍋のようにおいしく作るためには、野菜を入れる順番がポイントです。まずはキャベツを鍋に敷いていきます。切り方は食感を残すためにもザクザクと大きく切ったほうが食べごたえがあります。鍋の大半をキャベツが占めることになるので、細かく切ってしまうとしんなりとしてしまい、かさが減った後の食べごたえがなくなってしまいます。キャベツを敷く時には、山のように盛ると見栄えが良くなり、お店で食べているような雰囲気が出てきます。 キャベツの上にもつをのせた後、その上にニラをのせます。最後に薄くスライスしたニンニクや鷹の爪ものせ、グツグツと煮込んでいくと完成です。野菜をのせる順番に特に難しいことはありませんが、一番下にキャベツを敷くことがポイントです。水分がたっぷりと出てきてより美味しいもつ鍋を味わうことができます。また、ニラは比較的火が通りやすい食材ですので、最初から入れずにキャベツやもつに火が通った後に入れることで、ニラのシャキシャキとした食感を楽しむことができます。ご家庭でもつ鍋を楽しむときは、野菜の順番にも意識して美味しく頂きましょう。浜やではお店の味をご家庭でも味わえるように、お取り寄せ通販も行っております。是非ご賞味くださいませ。